俳優・松田優作

1949(昭和24)年9月21日、
山口県下関市生まれ。1972(昭和47)年、
日本テレビ系ドラマ「太陽にほえろ」のジーパン刑事役で
人気を獲得。殉職シーンの「なんじゃ、こりゃぁ!!」は、
ものまねの定番となる。
 その後テレビドラマ「探偵物語」、映画「蘇る金狼」
「野獣死すべし」などで主演。しかし膀胱がんに侵され、
ハリウッド進出作品「ブラックレイン」が遺作となる。
1989(平成元)年11月6日死去。39歳。

 鮮烈な印象を今に残す役者でした。テレビドラマ
「探偵物語」の工藤ちゃん。必要以上に大きくライターの
炎をあげ、煙草に火をつけるシーンは忘れられません。
 しかし彼の死因である膀胱がんのリスクは、喫煙に
よって2倍以上になるのです。酒やコーヒーのがぶ飲み、
野菜不足なども膀胱がんのリスクを高める要因とされて
います。
 確かに松田優作が煙草を吸うと、かっこいいわけですよ。
だから私も・・・というのが、喫煙を続ける心理として
働くわけです。
 ただ、ブラックレインでの鬼気迫る演技は、自分の
命がもう長くないと知っている男だからこその命の燃焼
とも言えるわけで、単に命の長短だけでは語れないもの
があるのですが・・・

posted by 亀松亭 at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 禁煙コラム  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。