それでも煙草をやめない人

今、禁煙についてのレポートを書いています。
そこで思い出した人がいます。
 私が3月に入院していた病院は外科だったので、
同室の人たちは大抵、交通事故での骨折 でした。
その中に1人、内科にも通院している人がいました。
40代男性・体重80キロ強。病名は「拡張型心筋症」。
6〜7月にフジテレビ系で放送していたドラマ「医龍」
で行ったバチスタ手術」が必要かもしれない病名じゃ
ないですか!!

 彼は常に咳き込みながら、煙草を吸っていました。
ニコチンは血圧を上げ、心拍数を増やして、
心臓に大きな負担をかけます。ヘモグロビン量が
低下して酸欠となり、やがて動脈硬化〜心筋梗塞・
脳卒中などに至る。彼はそれを知っているのか、
知らないのか?どんな薬より、まず
煙草をやめる事から始めないといけないんだけどなぁ
と思いつつ、直接は言えませんでした。
posted by 亀松亭 at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 禁煙コラム  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。